FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


四月公演のお知らせ
皆さま
お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか。
今年も宜しくお願い致します。

今月は
大阪国立文楽劇場で
3日から公演しています。

夜の部の
明烏六花曙の
春日時次郎役で出演していますが、
久しぶりの
出し物で
思い出しながらの出演!
頑張っております。

さて4月は
長丁場の
義経千本桜の通し公演です。

文楽劇場の
第一回公演の杮落し公演の出し物で、
気合も入ります。

平成21年4月の
通し公演では
主馬小金吾武里役で、
良いお役が付き出した
思い出深い出し物です。

今回の4月公演では、
またまた
玉志さんとダブルキャストなのですが、
前半4日~14日に
第一部の藤原朝方、
後半16日~26日が
第二部の主役いがみの権太のお役で
舞台を務めさせて頂きますので、
応援の程を宜しくお願い致します。


□四月大阪文楽公演
令和2年4月4日(土)~26日(日)
※15日(水)は休演

通し狂言「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
[第1部]午前10時30分開演
初段
大序
仙洞御所の段/北嵯峨の段/堀川御所の段
二段目
伏見稲荷の段/渡海屋・大物浦の段

咲太夫、
藤太夫、
織太夫、
睦太夫、
靖太夫、
希太夫、
燕三、
清友、
清志郎、
藤蔵、
錦糸、
清丈、
團吾、


渡海屋銀平実は中納言知盛・玉男
女房おりう実は典侍の局・和生
佐藤忠信実は源九郎狐・勘十郎
九郎判官源義経・文昇
静御前・清十郎
川越太郎重頼・文司
武蔵坊弁慶・玉佳
相模五郎・清五郎
入江丹蔵・紋吉(前半)、玉翔(後半)
御台所卿之君・紋臣
主馬小金吾武里・一輔
若葉の内侍・簑二郎
左大臣藤原朝方・玉助(前半)、玉志(後半)
亀井六郎・文哉
駿河次郎・紋秀
猪熊大之進・玉勢
逸見の藤太・勘市
土佐坊正尊・玉誉(前半)、簑太郎(後半)
娘お安実は安徳天皇・勘次郎
六代君・勘介(前半)、玉路(後半)

[第2部]午後4時開演
三段目
椎の木の段/小金吾討死の段/すしやの段
四段目
道行初音旅/河連法眼館の段

錣太夫、
千歳太夫、
呂太夫、
芳穂太夫、
呂勢太夫、
織太夫、
三輪太夫、
宗助、
富助、
清介、
清治、
團七、
勝平、


いがみの権太・玉志(前半)、玉助(後半)
佐藤忠信実は源九郎狐・勘十郎
娘お里・簑助、簑紫郎(後)
静御前・清十郎
弥助実は平維盛・玉男
すしや弥左衛門・玉也
主馬小金吾武里・一輔
若葉の内侍・簑二郎
九郎判官源義経・文昇
梶原平三景時・玉輝
佐藤忠信・亀次
弥左衛門女房・勘壽
権太女房小仙・勘彌
亀井六郎・文哉
駿河次郎・紋秀
猪熊大之進・玉勢
六代君・勘介(前半)、玉路(後半)
権太倅善太・和馬(前半)、簑之(後半)

4月、
義経千本桜の全てが分かる公演です。
お待ちしています!

吉田玉助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ
[2020/01/15 14:11] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
二月公演の配役が発表されました
皆さま
師走になりましたが、
寒いような暖かいような日々が続いています。
皆さまにはお変わりなく
お過ごしでしょうか。

さて
二月公演の配役が
発表されました。

私は
前半8日(土)~16日(日)に
第2部「新版歌祭文」の丁稚久松、
後半17日(月)~24日(月祝)に
第3部「鳴響安宅新関(勧進帳)」で
富樫之介正広の出演です。
宜しくお願い致します。


■令和二年二月文楽東京公演
令和二年二月八日(土)~二十四日(月祝)

【第1部】午前11時開演
「菅原伝授手習鑑」(すがわらでんじゅてらないかがみ)
吉田社頭車曳の段/佐太村茶筅酒の段/佐太村喧嘩の段/佐太村訴訟の段/佐太村桜丸切腹の段

千歳太夫、
三輪太夫、
靖太夫、
芳穂太夫、
小住太夫、
津國太夫、
咲寿太夫、
碩太夫、
富助、
團七、
錦糸、
清友、
清馗

桜丸・(車曳)簑紫郎、(佐太村)簑助
親白太夫・和生
梅王丸・文司
松王丸・玉輝
女房八重・勘十郎
左大臣時平・勘市
女房千代・清十郎
女房春・一輔
百姓十作・文哉
杉王丸・玉翔


【第2部】午後2時15分開演
「新版歌祭文」しんぱんうたざいもん
野崎村の段

咲太夫、
織太夫、
睦太夫、
燕三、
清治、
勝平、
燕二郎

親久作・勘壽
娘おみつ・簑二郎
娘お染・清五郎(前半)、簑一郎(後半)
丁稚久松・玉助(前半)、玉志(後半)
手代小助・紋秀
母お勝・紋臣
下女およし・紋吉


□竹本津駒太夫改め
六代目竹本錣太夫襲名披露狂言
「傾城反魂香」(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の段

錣太夫、
希太夫、
宗助、
團吾、
寛太郎

浮世又平・勘十郎
女房おとく・清十郎
土佐将監・玉也
狩野雅楽之介・一輔
将監奥方・文昇
門弟修理之介・玉勢


【第3部】午後6時開演
「傾城恋飛脚」けいせいこいびきゃく」
新口村の段

呂太夫、
亘太夫、
清介、
友之助

親孫右衛門・玉也
遊女梅川・勘彌
亀屋忠兵衛・玉佳
忠三女房・簑一郎(前半)、清五郎(後半)


「鳴響安宅新関」(なりひびくあたかのしんせき)
勧進帳の段

藤太夫、
織太夫、
芳穂太夫、
藤蔵、
清志郎、
清丈’、


武蔵坊弁慶・玉男
富樫之介正広・玉志(前半)、玉助(後半)
源義経・文昇
伊勢三郎・勘次郎
駿河次郎・玉彦(前半)、勘介(後半)
片岡八郎・和馬(前半)、簑之(後半)
常陸坊海尊・亀次


どうぞ2月も宜しくお願い申し上げます。

吉田玉助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ
[2019/12/05 18:07] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
12月公演の配役が出ました。
残暑が続いておりましたが、
ここ数日涼しく、
秋の気配を感じていますが、
先日は台風が
関東を直撃しました。

大変な9月でしたが、
皆さんには
お変わりありませんでしょうか。

さて12月公演のご案内です。
次回東京公演は
「一谷嫩軍記」の主役、熊谷次郎直実を
後半10日(火)~15日(日)で
出演させて頂く事になりました。

立役遣いとしてこの役は
夢の様な役、
代表的な役どころです。

是非是非
皆さんにはお越し頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

今月は変則で、
本公演と共に
教室公演も上演しますので、
時間が曜日により変わりますので、
お越しの際はお気を付け下さい。


□12月東京公演
令和元年12月3日(火)~15日(日)公演時間3時間40分
2時開演:4日・6日・8日・9日・14日
5時開演:3日・5日・7日・10日・11日・12日・13日・15日

「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」
陣門の段/須磨浦の段/組討の段/熊谷桜の段/熊谷陣屋の段

織太夫、
睦太夫、
靖太夫、
希太夫、
芳穂太夫、
咲寿太夫、
小住太夫、
亘太夫、
碩太夫、
燕三、
清友、
錦糸、
勝平、
藤蔵、
宗助

熊谷次郎直実・玉志(前半)、玉助(後半)
平敦盛実は熊谷小次郎直家・一輔
妻相模・簑二郎(前半)、勘彌(後半)
石屋弥陀六実は弥平兵衛宗清・文司
藤の局・勘彌(前半)、簑二郎(後半)
源義経・玉佳
平山武者所・玉翔
玉織姫・簑紫郎
梶原平次景高・紋吉
堤軍次・玉誉


□文楽鑑賞教室公演
令和元年12月3日(火)~15日(日)公演時間約2時間10分
11時開演:3日A班×・4日A班・5日A班・6日A班・7日A班△・8日A班・9日B班・10日B班・11日B班・12日B班×・13日B班×・14日B班×・15日B班
2時開演:3日B班・5日B班・7日B班×・10日A班・11日A班・12日A班・13日A班・15日A班
(×は貸切の為売切、△は残席わずか)

「社会人のための文楽鑑賞教室」
7時開演:4日B班・6日B班
「DiscoverBUNRAKU外国人のための文楽鑑賞教室」
7時開演 9日A班・14日A班

「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)」
火の見櫓の段

(A班)
南都太夫、
小住太夫、
亘太夫、
碩太夫、
清志郎、
清馗、
友之助、
清公、
燕二郎

(B班)
希太夫、
咲寿太夫、
亘太夫、
碩太夫、
團吾、
清丈、
寛太郎、
錦吾、
清允

娘お七・紋臣(A班)、紋秀(B班)
下女お杉・簑太郎(A班)、勘次郎(B班)
武兵衛・亀次(A班)、玉彦(B班)
丁稚弥作・勘介(A班)、玉路(B班)
太左衛門・玉峻(A班)、玉延(B班)

【解説】文楽の魅力
希太夫、寛太郎、玉誉(A班)、
靖太夫、友之助、玉翔(B班)

「平家女護島(へいけにょごのしま)」
鬼界が島の段

呂勢太夫(A班)、
富助(A班)、
藤太夫(B班)、
清介(B班)

俊寛僧都・和生(A班)、玉男(B班)
蜑千鳥・清十郎(A班)、勘十郎(B班)
丹左衛門基康・清五郎(A班)、文昇(B班)
瀬尾太郎兼康・玉也(A班)、玉輝(B班)
丹波少将成経・勘市(A班)、簑一郎(B班)
平判官康頼・玉勢(A班)、文哉(B班)

皆様のお越しをお待ちしています。

吉田玉助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ
[2019/09/15 18:51] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
11月のご案内です。
本当に毎日
暑い日が続いていますが、
皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。
さて、
11月公演のご案内ですが、
配役が発表されましたので
ご案内させて頂きます。

私は
14日~24日の
昼の部で
粉屋孫右衛門、
夜の部は
2日~12日に
桃井若狭之助のお役で出演させて頂きます。


□令和元年・11月文楽公演

11月2日(土)~11月24日(日)
※13日(水)は休演

[第1部]午前11時開演(午後3時終演予定)

「心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)」
北新地河庄の段/天満屋紙屋内の段/大和屋の段/道行名残の橋づくし

呂勢太夫、
呂太夫、
咲太夫、
織太夫、
三輪太夫、
睦太夫、
清治、
團七、
燕三、
清介、
清友、他

紙屋治兵衛・勘十郎
紀の国屋小春・簑二郎、(河庄後半)簑助
粉屋孫右衛門・玉志(前半)、玉助(後半)
女房おさん・清十郎
舅五左衛門・玉輝
江戸屋太兵衛・勘壽
五貫屋善六・清五郎
傍輩女郎・勘次郎
花車・紋臣
河庄亭主・玉翔
おさんの母・亀次
丁稚三五郎・玉勢
下女お玉・紋秀
紀ノ国屋下女子・簑太郎(前半)、玉誉(後半)
大和屋伝兵衛・玉路


[第2部]午後4時開演(午後8時分終演予定)

通し狂言
「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」
八段目・道行旅路の嫁入
九段目・雪転しの段、山科閑居の段
十段目・天川屋の段
十一段目・花水橋引揚の段、光明寺焼香の段

千歳太夫、
藤太夫、
靖太夫、
津駒太夫、
織太夫、
睦太夫、
富助、
藤蔵、
錦糸、
宗助、
清志郎、
清丈、他

大星由良之助・玉男
加古川本蔵・勘十郎
本蔵妻戸無瀬・和生
天川屋義平・玉也
由良之助妻お石・勘彌
本蔵娘小浪・一輔
桃井若狭之助・玉助(前半)、玉志(後半)
大星力弥・玉佳
女房おその・文昇
原郷右衛門・文司
舅了竹・簑一郎
寺岡平右衛門・玉誉(前半)、簑太郎(後半)


11月も
楽しさ間違いないです!
宜しくお願い致します。

吉田玉助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ
[2019/08/06 20:24] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
9月配役のお知らせ
今月の「妹背山婦女庭訓」如何でしたでしょうか。
僕は大判事清澄の息子、
久我之助清舟でした。

兎に角緊張する役で、
動きをよどみ無く
遣わなくてはいけないので、
張り詰めた舞台の中で、
出演させて頂いています。

師匠や
お兄さん方とご一緒させて頂いて、
ほんと勉強になる舞台でした。

さて次回は
9月に東京公演をさせて頂きます。
僕は夜の部の
「艶容女舞衣」の茜屋半七役で
出演させて頂きます。

宜しくお願い致します。

image1-400.jpg


□令和元年九月文楽公演

9月7日(土)~9月23日(月)
第1部・11時開演(午後3時終演予定)
第2部・午後4時開演(午後8時10分終演予定)

【第1部】(午後11時開演)

「心中天網島」(しんじゅうてんのあみじま)
北新地河庄の段/天満紙屋内の段/大和屋の段/道行名残の橋づくし

呂勢太夫、
呂太夫、
咲太夫、
三輪太夫、
芳穂太夫、
希太夫、
清治、
團七、
燕三、
清志郎、
宗助、他

紙屋治兵衛・勘十郎
紀の国屋小春・和生
粉屋孫右衛門・玉男
女房おさん・勘彌
舅五左衛門・勘壽
江戸屋太兵衛・文司
五貫屋善六・清五郎
花車・紋臣
丁稚三五郎・玉勢
下女お玉・玉誉(前半)、紋吉(後半)
傍輩女郎・勘次郎



【第2部】(午後4時開演)

「嬢景清八嶋日記」(むすめかげきよやしまにっき)
花菱屋の段/日向嶋の段

千歳太夫、
織太夫、
富助、
清介

悪七兵衛景清・玉男
娘糸滝・簑紫郎(花菱屋)、簑助(日向嶋)
肝煎佐治太夫・簑二郎
天野四郎・玉佳
土屋軍内・勘市
花菱屋長・玉輝
花菱屋女房・文昇


「艶容女舞衣」(はですがたおんなまいぎぬ)
酒屋の段/道行霜夜の千日

津駒太夫、
藤太夫、
睦太夫、
南都太夫、
靖太夫、
藤蔵、
清友、
勝平、
清馗、
錦糸、他

娘お園・清十郎
親宗岸・玉也
舅半兵衛・玉志
茜屋半七・玉助
美濃屋三勝・一輔
半兵衛女房・簑一郎


9月も宜しくお願い致します。
皆様のお越しを
心よりお待ちしています。

吉田玉助

※日本経済新聞の夕刊、6月3日~6月7日
「こころの玉手箱」に、連載していただく事になりました。
読んで下さいね!

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田玉助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2019/05/26 14:44] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>