FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


ロシア公演アルバム・その3
ロシアは、どうも世界一とか皇帝とかが
好きな国民のような気がしますねぇ。
「大砲の皇帝」の近く、イワン雷帝の鐘楼の前には、
「鐘の皇帝(ツァーリ・コロコル)」があり、これも世界最大とか。
全高6.1m、直径6.6mメートル、総重量200t。
数字では、実感しにくいでしょうから、
写真を先ずはご覧ください。

クレムリン・鐘の皇帝
↑鐘の皇帝(ツァーリ・コロコル)の前に立つ幸助さん

1733年から1735年にかけて、
クレムリン内で鋳造されたというこの鐘は、
鋳造後も、製作用の穴に置かれたままになっていたところ、
1737年、モスクワの大火にあい、
そのとき、鐘を冷やすために水をかけたため、
亀裂が生じて一部が割れてしまったということです。
一説には、あまり大きすぎて、持ち運ぶ際に、割れてしまったとか。
ところで、この鐘も、世界一であるが故か、
この鐘も、一度も鳴らされたことがないようです。

勘十郎兄さんと乾杯
↑ワインでかんぱーい!

「勘十郎兄さんと写っているのは、アルバート通りにある、ヤキトリヤと言う名前の和食屋さんです」とは、幸助さん。

手にしているのは、赤ワインでしょうか?
ぼくなら、きんきんに冷やしたウオトカかな?
それにしても、いい笑顔ですね。
ロシア公演が、大成功だったからでしょうかね。
ほんと、いい笑顔です!

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2009/07/17 23:30] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |