FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


「文楽いこ会」会員さんからの相生座公演のレポートです。
3回目にして初めての晴天、
勘十郎さんも舞台後の挨拶で触れていました。
山の中にある小屋だから外は涼しいですが、
屋内は人々の熱気で暑く息苦しくなるほど。
技芸員さんは汗だくでした。

「釣女」。
大名は美女を釣りあげ、
自分もと意気込んだ太郎冠者は醜女を引っ掛けてしまう。
ひっくり返ってたまげた姿が面白かったです。
いつも可憐な娘を遣う簑助さんが醜女なのも意外でした。
最後は、太郎冠者が美女を連れて
花道を通り抜けて逃亡するのは相生座ならでは。
その後は、大名も二人を追いかけ、
一人残った醜女がうっかり頭をぶつける場面は、
可憐さはなくても、いじらしかったです。

「曲輪(文章)」。
舞台を見ていたら、太鼓持や伊左衛門は後ろからの登場。
吉田屋まで花道を通ってやってきます。
伊左衛門が拗ねて布団姿のまま逃げる笑い所は
精一杯持ち上げられている様子が2階から見えました。
黒衣もずっと舞台上で
うずくまったり這って移動したりする姿がよく見えました。

各プログラム後の挨拶で技芸員さんたちが出て来たとき、
清十郎さんや幸助さんが頭巾を手にしていたので
黒衣をやっていたのだと思います。

「団子売」は、
ひたすら陽気で楽しい気分に。
個人的には、重い菅原伝授の後にデザート感覚である方が好みです。

「菅原伝授」。
まだ新人の玉彦さんが主遣いで菅秀才を遣う姿を応援していました。
人形より人形遣いの表情が気になって見ていました。

最後は、狭い舞台に人形6体と遣う人間が18人!
窮屈だけど観客を含んだ全員が
同じ建物のなか近くに集まって濃密で豪華な空間でした。

ところで、前夜祭は、
私服に名札をつけた技芸員さんとの立食パーティーでした。
数人のゲストから座って話を聞くものと思っていたので
心の準備ができてなく、
いきなりお見合いパーティに放り込まれた気分は
こんなものでしょうか?

前からの知り合い以外は、
客・技芸員とも、お互い固まって過ごしていました。
昨年11月、文楽いこ会の懇親会でお話させていただいた
幸助さんと挨拶できましたし、
清十郎さんとはブログについてお話できました。
それから、ジーンズ姿の燕三さんが
三味線を曲芸のように弾く姿が見られてよかったです。

ゆきうさぎ

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:文楽 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/31 22:38] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
9月公演の配役が出ました

9月公演の配役が出ましたので、
ご案内させていただきます。
僕は、良弁の吹玉屋で、出演することになりました。

昼の部
◆良弁杉由来◆
良弁僧正・和生 、
渚の方・文雀、他

◆鰯売恋曳網◆
猿源氏・勘十郎、
けいせい蛍火実は丹鶴城の姫・清十郎、他

夜の部
◆勢州阿漕浦◆
阿漕の平治・玉女、
代官奥村兵庫・清十郎、
ひら瓦治郎蔵・玉也、他

◆桂川連理柵◆
長右衛門・勘十郎、
お絹・紋壽、
お半・簑助、
弟儀兵衛・玉輝、
丁稚長吉・勘緑、
玉志(中日交代)、他です。

吉田幸助


← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/21 21:02] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
舞踊物は、踊りと思わず、芝居と思って遣ってます。

おかげさまで、
「団子売」の評判が良くてホッとしました。
「団子売」は、何度か手掛けている役なので、
以前に教えをうけたところを思い出しながら、
演じています。

例えば、
振りのキメキメがきまらず、
流れ過ぎていないか、とか、
難しい姿勢が多いので、
確認しながら演じています。

舞踊物を演じる時は、
踊りと思わず、
芝居と思って遣ってます。
その方が、
僕は、気持が入るような気がするものですから。

東京公演も、後半戦に入りましたが、
今回、僕の場合、昼の部にしんどい手伝いが多いので、
後半戦、バテない様に頑張っています。

公演が終わりますと、30日には相生座公演があります。
役は、東京公演と同じ「団子売」の他、
「釣女」の大名が増えます。

左遣いとしては、
「吉田屋」の喜左衛門の左、
「寺子屋」の松王丸の左、
あと、松王丸が出る前に、
手習い子のツメ人形でも、出ています。
相生座公演でも、がんばりますので、
応援よろしくお願いします。

吉田幸助


← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/20 10:39] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
おろしたての着物で気分良く遣ってます。

5月公演始まって、毎日忙しく、過ごしてます。
さて、「団子売」。
杵造は遣っていて、毎日気持良く遣うまではいってませんが、
イメージしているものに近付いているかな?
とは、思っています。
お客さんが観る最後の出しものなので、
気持良く帰ってもらえれば嬉しいのですが!

実は、今回は、杵造、お臼 両方共、
おろしたての着物なので、
気分良く遣ってます。

ところで、人形は、公演ごとに潰してしまいますが、
今回は、
相生座、
6月大阪学生教室公演と、
潰さず置いておきます。

中の胴(胴体)は、
杵造から、大阪夏休み公演中に、
愛媛の内子座で遣う桂川の丁稚の長吉に、作りかえる予定です。

もうすぐ、東京公演前半戦が終わりますが、
気を引き締めて頑張りますので、
引き続き応援のほど、よろしくお願いします。

吉田幸助


← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/15 14:45] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
やっと東京公演の初日が終わりました。

今回は、団子売の杵造を遣っています。
まだ、納得のいく出来ではないのですが、
初日が終わってしまいました。
美しく遣い、
一輔君とイキを合わせて、
お客様に喜んでいただきたいとは、思っています。

東京に来たときから暑くなって来たような感じですが、
舞台は真夏です。
この季節はクーラーを効かせないし、
外は暑いし。
汗かきの私としては、一番つらい季節かな?

今回は、夜の部の団子売の杵造役以外に、
昼の部は、
金閣寺での松永大膳の左、
碁太平記では大黒屋惣六の左、
連獅子の子獅子の左、
夜の部は、
野崎村の籠屋の左、
油屋の久松の左です。

昼の部に、
しんどいのが集中しているからでしょうか、
一日が長く感じます。

こんな感じで頑張ってます。
皆さん、国立小劇場に来ていただいて、
僕を、見付けて下さいね!

吉田幸助


人気ブログランキングへ ← ひとぽち m(_ _)m

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/09 08:49] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
10月地方公演の配役が発表されました。

昼の部は、
「仮名手本忠臣蔵」より、二つ玉の段、身売りの段、早野勘平腹切の段。
「釣女」

夜の部が、
「曽根崎心中」です。

僕は、
忠臣蔵の、千崎弥五郎、
釣女の大名を、遣う事になりました。

主な配役は、

「仮名手本忠臣蔵」
勘平・玉女、
おかる・簑二郎、
郷右衛門・玉輝、
弥五郎・幸助、
定九郎・勘緑、
与市兵衛女房・勘壽

「釣女」
太郎冠者・清十郎、
醜女・勘十郎、
大名・幸助、
美女・一輔

「曽根崎心中」
徳兵衛・簑助、
お初・勘十郎、
九平次・玉志、
お玉・勘壽

以上が主な配役です。

吉田幸助


人気ブログランキングへ ← ひとぽち m(_ _)m

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/05/07 11:18] | 日々文楽 | トラックバック(1) | page top
| ホーム |