FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


速報です!「11月の配役」が出ました。
僕は、「近頃河原の逹引」四条河原の段で、
廻しの久八で出演します。
何年か前に東京で、
玉女兄さんの伝兵衛で、
廻しの久八を遣わせていただきました。
それ以来の役ですが、
皆さん応援宜しくお願いします。
残念ながら、今回も黒衣での出演ですが!

他の主な出演は、

「嬢景清八嶋日記」
景清・玉女
娘糸滝・清十郎
佐治太夫・和生
土屋軍内・清五郎
天野四郎・簑一郎


「近頃河原の逹引」
猿廻し与次郎・紋壽
娘おしゅん・簑助
井筒屋伝兵衛・勘十郎
横渕官左衛門・玉也
廻しの久八・幸助


「一谷嫩軍記」
熊谷次郎直実・勘十郎
妻相模・和生
弥陀六実は弥平兵衛宗清・玉女
藤の局・文雀
敦盛実は熊谷小次郎直家・文司
玉織姫・簑二郎
平山武者所・勘緑、玉志(中日交代)


「伊達娘恋緋鹿子」
娘お七・清十郎
小姓吉三郎・勘彌
親久兵衛・玉也


皆さん宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/26 12:25] | 日々吉田玉助 | トラックバック(1) | page top
ハンガリーのペーチで、文楽を紹介してきます。
内子座が終わって二日後の
8月25日~29日迄、
ハンガリーのペーチで、
玉勢、玉翔、玉誉、幸助の4人で、
文楽のデモンストレーション&ワークショップに行って来ます。
上海もそうでしたが、
短い期間のスケジュールではありますが、
解りやすく海外の皆さんに、文楽を紹介してきます。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/24 21:10] | 日々吉田玉助 | トラックバック(1) | page top
どしどしこういう質問を、宜しくお願いします。
「上海公演、お疲れ様でした。
楽しく読ませていただきました。
ひとつ、質問があります。
中国をはじめ、海外の人には
「頭巾+黒衣」姿ってフシギには思われないんですか?
私は、最初に見たとき
「ショッカーみたい」←敵キャラみたい、なんて思いました。」

というご質問をいただきました。
黒衣姿がショッカーね~(笑)考えたこともなかったです!
そういうご意見が大事なんですよね。
まだ誰にも言われた事がないのですが、
近々また外国に行くので、聞いてみます。
この黒衣は、何も存在しない無という事なんですが、
ずきんの形が、
女の遣い手、男の遣い手で変わったり、
お洒落で腰紐の色を変えたり、
裾のマチを赤色にしたりしていました。
今は腰紐は黒ですが、裾のマチは、
簑助師匠や紋壽兄さんが、赤色にしたりしています。
どしどしこういう質問を、宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:文楽 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/19 11:21] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
上海文楽アルバムその6・さらば上海
滞在中の上海は、
雨が降っているか、
空に靄がかかっているかでした。
それよりも、
梅雨の大阪以上に、蒸し暑かったことには、参りました。
暑がり、汗かきの僕には、つらいことでした。
さて、上海を去る日、
せっかく上海に来たのだからと、
あの上海リニアモーターカーに乗って、空港に行こう、ということに。
少し遠回りなんですが、
話のタネに、ということで、乗り込みました。

□宗助さんとお昼ごはん
01-1-宗助さんと
さて、上海最後の日。
南京市場に、ちょいと観光ということで、
ぶらりぶらり。
ところが、やっぱり蒸し暑いので、
近くにあった、ユニクロへ、涼みに。
そのあと、おなかがすいたので、お昼に。
その途中、あの上海名物のパジャマおばさんに遭遇。
宗助さん、とっても大喜びでした。

□おーい幸助、どこじゃ!
01-2-上海リニア
さて、いよいよ、帰路に。
上海に着いたときは、バスでホテルに向かったのですが、
帰りは、やはり、
上海名物のリニアモーターカーに、ということになりました。
そこで、リニアに乗って、空港へ。
せっかくのことだから、写真を撮らなくちゃ。
ということで、僕は、車両の先頭にまっしぐら。
カシャカシャとシャッターを落としていると、
「おーい、幸助! どこいったぁ!」
どうも、僕、迷子になっているようです。
「すんませーん」
あわてて、みんなのところへ。

□時速431km!
01-3-上海リニア最高時速
30kmの距離を、わずか8分で走り抜けるという
上海リニアモーターカー。
車内では、今現在の時速が表示されています。
写真は、そのときの最高時速をスクープしたもの。
時速431km。
すごいですね。
ところが、その横の時刻表示が、なんか変なのです。
8:19、となっていますね。
実は、この写真を撮ったときは、
午後3時ごろなんですね。
おかしいなぁ?
さて、時速200kmでは、そんなに速いとは感じませんでしたが、
300kmを超えると、「お、速いな」。
400kmを超えると、さすが、ちょっと気分が・・・
そう思うまもなく、あっという間に、空港に到着。
イメージ的には5、6分で着いた感じでした。
「さすが」。
さすがのはずでしたが、実は、バスのほうが早く着いていたのですね。
エェー?!

□自分で自分を撮るのは難しい。
01-4-リニア車内
バスのほうがなぜ早かったかといいますと、
最近、大きな高速道路がついたからだということです。
さて、僕は、上海リニアモーターカー乗車記念にということで、
自分で自分を撮ったのですが、
これがなかなか難しいものですね。
ファインダーを覗けないものですから、
シャッターを落とすタイミングが、なかなか分からないんです。
もう少し、エエ男に写せたのになぁ。
では、上海アルバムはこの辺で。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/16 23:31] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
11月錦秋公演の出し物が発表されました。
10月30日(土)初日~11月21日(日)千穐楽。
11月11日(木)より第1部、第2部の狂言を入替えます。

第1部、11時開演。
「嬢景清八嶋日記」
「近頃河原の達引」

第2部、4時開演。
「一谷嫩軍記」陣門、須磨浦、組討、熊谷桜、熊谷陣屋の段。
「伊達娘恋緋鹿子」八百屋の段、火の見櫓の段。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:文楽 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/15 09:04] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
上海文楽アルバムその5・千本桜
さて、いよいよ、いよいよです。
簑助師匠との「義経千本桜」道行初音の旅路。
緊張感いっぱいです。
楽しみもいっぱいです。
うれしさも、勿論、もちろんです。
こういう機会は、もう2度とないでしょう。
だからこそ、精一杯やり遂げたいのです。
一所懸命に、勤めたいのです。
思い出にするのではなくて、
明日につながる大きな経験としたいのです。
事実、今回の経験は非常に大きなものでした。
師匠の凄さを、
身近に全身に感じたことは、大きな財産であり、
きっと大きく役立つはずのものです。
感謝です。

□中国館の前で、はいチャイニーズ。
30-1-中国館前
さて、これから、いざいざ、道行初音の旅路に。
という、30日の朝8時ごろの
中国館の前で、記念写真。
心配していた雨は、奇跡的に上がり、
僕の心も晴れ晴れ。

□ミュージックホールです。
30-2-文楽公演会場
ここが、「千本桜」の会場です。
800人、収容できます。
単純計算で、日本館の4倍です。

□「義経千本桜」道行初音の旅路。
30s-1-千本桜1
それよりも、この写真、緊張感いっぱいですよね。
実は、ぶっつけ本番なのです。
事前の稽古は、ありません。
そこで、まず一番に心がけたことは、
「邪魔をしてはいけない」
ということです。

□決して、合わさない。
30s-2-千本桜2
1回目は、邪魔をしないで、
師匠の動き、心を読み取ること。
そのためには、邪魔をしないことなのです。
それは、
「合わさない」
ということでもあるのです。
「形で合わさない」
ということなのです。
師匠の動きに反応して、
こちらが、その動きを追うように、
上辺だけで合わさないということなのです。

□気持ちを、こころを合わせる。
30s-3-千本桜3
合わせるのは、気持ちであり、こころなんです。
気持ちが合えば、自然と、形も合うものなんです。
こころが合えば、自然と形も反応するものなのです。
そこに、不自然さがなくなり、
人形の表情も豊かになり、動きもスムーズになるのです。

□気持ちもこころも、合いました。
30s-4-千本桜4
2回目は、僕なりに、納得のできるものになりました。
気持ちもこころも、合ったと、思っています。
自然と、遣う事とができました。
この経験を、大きな財産にしたいと思います。
簑助師匠ありがとうございました。

吉田幸助

*写真はWクリックで大きくなります。

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/12 12:16] | 日々吉田玉助 | トラックバック(1) | page top
上海文楽アルバムその4・上海の夜は更けて
力いっぱい、奮闘した後は、
どうしても、「上海の夜」でしょ!
なんかロマンチックですね。
それでは、簑二郎さんといっしょに、
暮れ行く上海の街へと。

□上海の夜は、紹興酒からだい!
29n-1-簑二郎さんと食事1
なぜか、もう空っぽになっていますねぇ。
「1本終わりました」
ということで、ふたりとも、人差し指がたっていますねぇ。
いいえ、いいえ、
「あと、もう1本!」
ということなんでしょうか。

□やっぱり、空っぽだぁ。
29n-2-簑二郎さんと食事2
いくらビンを逆さにしても、
もう空っぽですよ。
全部、ほんとに飲んじゃったんですよ。

□ええい、もう1本だぜぇ!
29n-3-簑二郎さんと食事3
ということで(どういうことやねん)、
上海の夜の魔力に負けて、
やっぱり、もう1本、頼んじゃいました。
紹興酒は、常温で飲みます。
ビールも、なぜか常温ぽくって、生温いもんでした。
これが上海なんでしょうね(なんでやねん)。
お料理も追加です。
これが結構、美味しいんです。
しかも、庶民的。
ファミリーレストラン的な感じのある
上海の「王将」
という感じですかねぇ。

□上海の夜に日本男子が佇むの巻
29n-4-上海夜景
食事のあと、
簑二郎さん、燕三さんとご一緒に、素晴らしい
上海の夜景を楽しみました。
ところで、上海には、
外灘(Bund<バンド>)と呼ばれる観光地があります。
多分ここはその一角。
うしろに流れているのは、黄浦江(これも多分です)。
こういう雰囲気では、なぜか気分は男前になってしまいますねぇ。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/08 07:31] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
上海文楽アルバムその3・二人三番叟
6月29日。
いよいよ上海文楽の始まり始まり。
張り切っていきますよ。

□さてさて、二人三番叟の始まりでござりまする。
29-1-三番叟その1
後ろに床という形は、地方イベントではよくある形式です。
舞台の下手(左側)にあるのは、字幕?
多分、字幕でしょうね。

□気持ちよく遣っておりまする。
29-2-三番叟その2
この会場は、200人収容。
満員のお客様。
熱気がむんむん、反応めっちゃバンバン。
僕ものりのりで、気分よく遣えました。
どうです、いい顔しているでしょ。

□現地でひらめきましたでござりまする。
29-3-三番叟その3
事前に、打ち合わせしたとき、
せっかくご来場いただいたお客様に、
福を授けましょう、ということで、
客席におりることにしました。

□お客様も大いに有り難がってくれましたでござりまする。
29-4-三番叟その4
福を授ける、ということがお客様にも伝わって、
大いに有り難がられました。
なんか、不遜ですが、神様になったような気になりましたねぇ。

□笑うところはちゃんと笑ってござりまする。
29-5-三番叟その5
とっても驚いたのは、笑うところは、
しっかりと笑っていただいたということです。
しかも爆笑です。
ということで、2回勤めた舞台は、
とっても充実でした。

□外は、雨がやんでました。
日本館をバックに晴れ姿
二人三番叟を終えた頃には、
昨日からの雨は止んでいました。
ですから、傘は僕の左腕に。
右手は、「やったぜ」と、ガッツ!
ところで、バックのビッグエッグもどきは、日本館です。

□違うポーズも。
29-7-日本館をバックにオマケ
素敵な笑顔でしょ。
何かひとつの大事をやり遂げたような、
充実感いっぱい。
背中には、今遣ってきた三番叟。
でも、このときは、
心地よい疲労感と、
どうしようもない蒸し暑さで、
結構、くたびれてました。
万博を楽しむ気分もあまり起こらなくて、
このあとすぐ、ホテルに直行しました。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/06 17:00] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
上海文楽アルバムその2・いざ上海へ
6月28日、雨の降りしきる関西空港から、
いざ上海へ。
大阪以上の豪雨と蒸し暑さが、出迎えてくれました。

□ちょっと派手めのシャツがよくお似合いの宗助さん。
28-1-機中の宗助さん
上海行きの機内では、宗助さんと隣り合わせ。
笑顔のところをカシャ。

□この時点では、元気いっぱい。
28-2-機中の幸助さん
飛行機の外は、悪天候でも、機内は明るく、
みんなも元気いっぱい。
向こうには、一輔さんの笑顔も。

□上海空港にいよいよ到着!
28-3-上海空港
2時間半ほどで、上海空港に到着。
空港の外では、豪雨のために、川のように水が流れていました。

□ジンジャンタワーホテル(新錦江大酒店)には、3泊4日の予定です。
28-4-ジンジャンホテルロビー
やや疲れ気味ですが、それは、ものすごい蒸し暑さのせいです。
うしろには、“EXPO 2010”の文字が。
このホテルを拠点に、明日、あさってと、舞台です。

□早速、二人三番叟の会場を下見に。
28-5-二人三番叟・舞台設営
ホテルに荷物を置いて、
早速29日の「二人三番叟」の舞台となる日本館に。
そこでは、スタッフの方々が、舞台設営に汗を流していました。
ご苦労様でした。

□文楽木偶淨琉璃戲海報
28-6-二人三番叟ポスター
会場の入り口に貼っていました。
簡体文字では、こういう風に書くんだぁ。
このあと、ホテルに帰って、上海の夜景を楽しみました。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/04 21:35] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
上海文楽アルバムその1・まずは写真2枚アップします。
昨日の夜に上海から関空に帰って来ました。
兎に角 暑かったです。
上海は湿度が高いんですよね。

自分にとっては、
おおいに実のある公演になりましたが!
帰って来たばっかりなんで、
直ぐには言葉に出来ないのですが、
取りあえず簑二郎さんに撮ってもらった写真をアップします。

□夜の上海タワーをバックにイケメンしているところ。
夜の上海タワーをバックにイケメン

□中国館をバックに男前しているところ。
中国館をバックに男前

あと、写真整理でき次第、順次アップします!

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/07/02 17:46] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |