FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


これから、9月公演の国立劇場楽屋入りです。
無事に、ハンガリーから帰って来ました。
内子座公演が終わり、
直ぐの25日~29日の
ハンガリー・ペーチ公演も大成功で、
29日に帰って来ました。
写真もいろいろ撮ってきましたので、
整理がつき次第、
ご報告と一緒に、ご紹介しますので、お楽しみに。
今(8月31日)、新幹線の中で、
これから、9月公演の国立劇場楽屋入りです。
まだ、平日等空席もありますので、
皆さん、9月公演、どうぞ宜しくお願いします。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/08/31 14:06] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
東京9月公演の左が決まりました。
東京9月公演は、
昼の部「良弁杉由来」で、吹玉屋を主で遣いますが、
それ以外の左が決まりましたのでお知らせします。

良弁杉で、
良弁さんの出の前に出て来る行列で、
大鳥毛(毛槍の毛が鳥の毛の為に、この名前です)のツメ人形。
鰯売では、
五条東洞院の段より、勘十郎兄さんの遣う猿源氏の左、
阿漕浦は、玉也さんの遣う平瓦治郎蔵の左、
桂川は、勘緑、玉志さんの遣う長吉の左。

東京でも、
力いっぱい、汗いっぱい、奮闘しますので、
ご声援よろしくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/08/23 15:54] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
役のダブルキャストは、結構大変です。
早速質問をいただきましたのでお答えします。

「公演中に、ひとつの役を前後半で分けて役替わりというのがありますよね?
人形遣いさんが変わると人形の雰囲気も変わるので面白く拝見していますが、
ああいう時は多少は役の遣い方を当人二人で相談したりするのですか?
それとも相談することはなくてご自身の(師匠の)やり方で遣われるのですか?
内子座の丁稚長吉、楽しみにしています。頑張ってくださいね。」

お答えしますね。
実は、ダブルキャストは、結構大変なんです。
前半の方はみんなと通し稽古が一回あるので良いのですが、
後半は稽古が無く入りますので大変です。
前半に遣っていない場合は義太夫の感じがよく分かるので、
その点は後半の方が有利です。
お互いライバルなので話し合ったりはしません。
それまでにそれぞれが勉強してきたことを、
役にぶつけるだけです。
またいつでも質問があったら、どんどんお寄せ下さい。
内子座での「桂川」の長吉は稽古が無いままの挑戦でもありますが、
かなり不安な役ですね。
主役ではありませんが重要な役なのです。
自分自身を激励して頑張ります。
どうか、暖かく見守って下さい。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/08/21 08:53] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
ご質問等がございましたらどんどんお寄せください。
今から劇場に行くところなのですが、
「やっぱり行きたくない」
と思うぐらいに、まだまだ暑いですね。
夏休み公演は、
暑さに負けず、なんとか乗り切ることができした。
みなさまのご声援のおかげです。
ありがとうございました。

その夏休み公演で、

「団七の左は本当にお見事な遣い振りでした。
汗かきの幸助さん、さぞかし暑かったことでしょう。
あの韋駄天走り、3人の息がピタリと合って最高でした!
これからもどうぞ感動の舞台をみせていただきますよう、
ご活躍をお祈りいたします。
それから、一つ質問です。
あの団七が全速力で小幕に駆け込んだあと、
どうやってブレーキをかけるのでしょうか?
室内陸上のように、
大きなウレタンマットでもあるのでしょうか??」

というメールをいただきましたが、
団七の左は、そう言っていただけると、
遣ったかいがありました。

巧く遣うに越したことはありませんが、
主遣いに気持ち良く遣ってもらうのが一番です!
巧く遣おうと、自分勝手に遣っていたら、
かえって巧く見えないし、
主遣いとの息も合いません。

最後の入りは、
舞台のお客様側の船底が上下に長いので、
当たる事はないんですよ。
東京の舞台の方が、
上下が短いので、気を遣いますが!

また何か、
ご質問等がございましたらどんどんお寄せください。
宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/08/18 14:20] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
三者三様で楽しかったです。
ようやく千穐楽を迎える事が出来ました。
皆さんには猛暑の中、
大阪夏休み公演にお越しいただきまして、
有難うございました。
ご察しの通り、本意な役どころではありませんでしたが、
そこはちゃんとこなすのがプロであります。
役になっていたか、いないかは、お客さんにまかすとして、

今回は重要な左を任されました。
勘十郎兄さんの、団七の重要な場面の左、
和生兄さんの、源蔵の左、
「振袖始」では、
玉也さんの遣う、素盞嗚尊の左で、
三者三様で楽しかったです。

とくに団七は、
熟練度、芝居心、体力の要る左で、
東京公演、相生座公演、そして今回と、
三度目の左です。
以前、簑助師匠にこの左で誉められ、
御飯をご馳走になり、
調子にのっての今回です(笑)。

体力には自信があったんですが、
さすがに今回、家路に着く頃はヘトヘトになってしまいました。
公演が終わり、内子座までおやすみが頂けますが、
内子座は役の長吉の他、
左では中将姫雪責の、
清五郎君の下部の左、
勘緑さんの豊成公の左で出演です。

東京の左はまた連絡します。
それから、11月の私の出演する、
四条河原の段が、
黒衣から出遣いに変更になりました!
それでは、まだまだ暑い日が続きそうですが、
お体に気を付けて、お過ごし下さい。
有難うございました。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/08/03 12:01] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |