FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


地方公演のその後は・・・。
地方公演が終わったその後は、
10月24日に、
西宮の兵庫県立芸術文化センターで、
「曽根崎心中」がかかります。
和生兄さんのお初、
玉女兄さんの徳兵衛、
文雀師匠もお話で出演!
私は、九平次の左で参加します。
残念ですが、チケットは完売となっていいるようです。

その後は、11月公演になります。
私は、廻しの久八で出演!
この役も、二年前に東京公演で遣わせていただきました。

今回は自前のかしらを遣います。
この3月、玉松兄さんがお亡くなりになりましたが、
その玉松兄さんの自前のかしらが、
縁あって私の手元に来ました。
文雀師匠から
「使いなさい」というお言葉をいただき、
11月公演で遣わせていただく事になりました。

「伊勢音頭恋寝刃」の
喜助のショートバージョンみたいな役で、
気持のよい役です。

左遣いとしては、
遣り手の足、
勘十郎兄さんの遣う、熊谷の組討ちの段の左、
熊谷陣屋の段の物語の場面の左、
玉女兄さんの遣う、弥陀六の左、
中日まで勘彌さんの遣う、小姓吉三郎の左、
と大忙しです。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/22 21:35] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
地方公演に26日から出掛けます。
本当に暑かった東京公演も無事に終わり、
次の公演、
地方公演に26日から出掛けます。

昼の部に二役頂いており、
幕開き前のお話も
担当させていただきます。

一幕目の「忠臣蔵」は、
文楽にはなくてはならないお話で、
今回は五段目、六段目の上演です。

五段目では、斧定九郎の左を遣います。
私もこの役は何度か遣っていますが、
結構、好きな役です。
斧定九郎は、悪人ですが、
出のかっこ良さ、
狂気じみた性格、
と、遣いどころの多い役です。

六段目は、千崎弥五郎の役で出演です。
この役も一度遣っていますが、
四十七士の一人として、
若い武士の格好良さを出さなくてはいけません。
遣えるかは別としてですが。

昼の追い出しは、「釣女」です。
大名で出演ですが、
このお役はよく遣わせてもらっています。
この役は背筋を伸ばして
品良く遣わなくてはいけないのですが、
三枚目で遣う太郎冠者とは真逆な感じで、
遣えればと思っています。

夜の部は、
「曽根崎心中」一本です。
簑助師匠の徳兵衛、
勘十郎兄さんのお初で、
簑助師匠の徳兵衛は初役で、
今回の呼び物の一つです。
私は、九平次の左で出演です。

公演地は、
9月26日(日)
河内長野市立文化会館(昼13:30、夜17:30)
9月30日(木)
石川県立音楽堂(昼13:30、夜18:00)
10月2日(土)
相模原市民会館(昼13:30、夜18:00)
10月3日(日)
府中の森芸術劇場(昼13:30、夜18:00)
10月5日(火)
倉敷市芸文館(昼14:00、夜18:30)
10月7日(木)
名古屋市芸術創造センター(昼14:00、夜18:00)
10月8日(金)
千葉市文化センター(昼13:30、夜18:00)
10月9日(土)
岡崎市せきれいホール(昼13:30、夜18:00)
10月10日(日)
静岡グランシップ(昼13:30、夜18:30)
10月11日(月祝)
神奈川県立青少年センター(昼14:00、夜18:00)
10月16日(土)
仙台電力ホール(昼13:30、夜18:00)
10月17日(日)
山形県庄内町文化創造館(昼14:00、夜18:00)

以上、12公演です。
皆さんのお越しを、
心よりお待ちしています。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/21 20:30] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
ハンガリー公演アルバム・その3
公演は現地の27日夜の9時開演で、
1時間30分の公演。
小さめの劇場ですが、
補助席が出る程の満席で、
劇場に冷房が無いため、
暑いのなんのって、
今年の愛媛の内子座なみでした!

ポスターです
↑現地に掲示されていたポスターです。

この劇場は、
結構古くて、建て替えができないため、
EUフェスティバルが終わったら移転するとか!

国立劇場の正面です
↑国立劇場の正面です。今回はここではなく、この近くの劇場で公演しました。

国立劇場の前の通りです
↑国立劇場の前の通りです。

劇場内の展示物の人形たち
↑劇場内の展示物の人形たちです。

公演は、私のギャグが通じたのか・・・
万来の拍手が鳴り止まないので、
アンコールの登場!
大成功の公演でした。
主催者の方からも
「おめでとう!」と握手を求められて、
私としては、満足の行く公演でした。(自己満足ですが)

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/20 18:22] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
12月の配役が出ました。
■12月の配役が出ました。

12月2日(木)~14日(火)

【鑑賞教室】

◆伊達娘恋緋鹿子
Aプロ
お七:紋臣
Bプロ
お七:簑紫郎

◆三十三間堂棟由来
Aプロ
お柳:和生
平太郎:玉女
進ノ蔵人:勘緑
みどり丸:紋吉

Bプロ
お柳:勘十郎
平太郎:玉也
進ノ蔵人:玉志
みどり丸:玉翔

(因みに私はBプロの白河法皇です。)

【本公演】

◆由良湊千軒長者
山の段
安寿姫:勘彌
つし王:一輔

◆本朝廿四孝
桔梗原の段、景勝下駄の段、勘助住家の段
横蔵後に山本勘助:玉女
慈悲蔵実は直江山城之助:勘十郎
勘助の母:和生
女房お種:清十郎
長尾景勝:文司
高坂弾正:玉輝
越名弾正:幸助
高坂妻唐織:簑二郎、勘彌(中日交替)
越名妻入江:清三郎、清五郎(中日交替)、他

上演時間が変則になっていますのでご注意ください。
それから、鑑賞教室には「文楽の魅力」という解説も付きます。

吉田幸助

*鑑賞教室は、学生優先公演ですので、既に売り切れの日もありますので、ご注意ください。

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:文楽 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/17 19:53] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
ご質問にお答えします
またまた、ご質問いただきましたのでお答えします。

その一)幕開け三番叟は今月誰が遣っているのか?

私も三年程前?までは、遣っていました。
今は、勘市君の同期から、
簑紫郎君までが主遣いを担当していて、
以下の人は足遣いです。
順番に、4日間か3日間で割り振り、
そのときによって、
大阪担当になったり、東京になったりします。

主遣いと足遣いは、
そのときによって組み合わせが変わります。
この公演も17日間あるので、
4日、4日、3日、3日、3日と、
17日間を割り振って遣っています。
お越しになる日によって、遣い手が違います。
どの方が遣っているか、
細かい事は把握してませんので、
そこのところは、お許し下さい。

その二)シャボン玉のからくりはどのように?

いたってシンプルです。
コロンブスの卵みたいかな。
簡単すぎて、きっとびっくりすると思いますが、
これは、秘伝の秘。
企業秘密です。
と言えば大げさですが、色々考え、思い悩み、
そしてあれこれご想像していただくのも、
楽しみの一つかと思います。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/16 21:02] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
黒衣のイメージのことですが・・・
東京公演も、中日を過ぎ、
後半戦も気合いを入れて頑張っています。
今回はチョイ役ですがもうけ役で、
吹き玉屋の役を遣っています。
シャボン玉を吹いたりして、楽しい役です。

さて、先日ご質問いただいた、黒衣のイメージですが、
実は、ハンガリーでは、聞き忘れてしまいました。
どうも、すいません。

他の日本の方に聞いたところ、
「呪文やらをかけてそう!」とか、
「お祈りをしてそう?」とか、
「フリーメーソンみたい?」と、
少し怖いイメージがあるみたいです。
でもこのスタイルは変えようがないので、
「慣れて下さい」としか言えませんが・・・。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/14 20:17] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
博多座の配役が出ました。
東京公演も4日目を迎え、
体は馴染んで来ましたが、
暑さだけはどうしても馴染めません。
どうにかならないでしょうかね。

さて、
博多座の配役が出ました。
期間は、
12月21日(火)~23日(木祝)。
開演時間は、
一部が11時、二部が4時です。

第一部
◆花競四季寿
太夫:清三郎、
歳蔵:簑二郎、
海女、関寺小町:文雀、
鷺娘:勘十郎

◆生写朝顔話
・明石船別れの段、笑い薬の段、宿屋の段、大井川の段
(明石船別れの段)
宮城阿曽次郎:幸助、
娘深雪:一輔、他
(笑い薬の段より大井川の段)
娘深雪(朝顔):簑助
駒澤次郎左衛門:和生
萩の祐仙:紋壽
岩代多喜太:玉女
戎屋徳右衛門:玉也
奴関助:文司、他

第二部
◆二人禿
禿:清三郎、幸助

◆ひらかな盛衰記
・松右衛門内の段、逆櫓の段、神崎川揚屋の段
船頭松右衛門 実は樋口次郎兼光:玉女
腰元お筆:清十郎
船頭権四郎:玉也
女房およし:簑二郎
畠山庄司重忠:玉志
傾城梅枝:勘十郎
梶原源太景季:和生
母延寿:文司、他

以上ですが、
今回は昼の部に、
明石船別れの阿曽次郎、
夜の部は禿と、
思ってもみないお役を頂きました。
是非楽しみにして、
博多座までお足を運んでいただけるとありがたいです。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/08 09:15] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
ハンガリー公演アルバム・その2
ハンガリーのペーチは、
第4の都市で、
観光コースにあまり入ってなく、
日本人もあまり居なかったかな?(片手で数えられます!)
昔の日本人が外国人を見るように、
現地の方も珍しそうに
僕らを見てました?

セーチェニイ広場
↑セーチェニイ広場(モスク前広場)のモスクとばんざいピースを背景に。

夜のセーチェニイ広場
↑夜になるとロマンチックなムードに誘われてたくさんの人が。

ペーチの町並み
↑石畳がすてきなペーチの町並み。なんとなく歴史を感じますね。

気温は日本よりは涼しく、
最高で30℃ぐらいだと思います。
公演まで余裕があり、
ペーチから車で1時間ぐらいの
ワインの街、ブィラーニで、
工場見学&試飲をしてきて、
楽しんで来ました。

ワインです
↑これぜーんぶ、ワインです。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/07 08:25] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
ハンガリー公演アルバム・その1
内子座公演が終わってすぐの25日に
関空から9時間以上かけて、
フィンランドエアで、フィンランドのヘルシンキ到着。

いよいよ出発
↑いよいよ出発。僕も、玉翔くん、玉誉くん、玉勢くんもまだまだ元気です。

ヘルシンキからブタペストまでは、
マレブハンガリー航空。
2時間30分のフライトで、
ようやくハンガリーのブタペスト空港に到着しました。

ブタペスト空港に到着
↑この時点では、まだまだ笑顔です。

荷物がひとつ、ヘルシンキで積み込み忘れたらしく
ロストバケージになるというアクシデントもありましたが、
なんとか公演には間に合いました。
迎えのバスで、3時間かかって、ようやくホテルに到着!
出発から19時間でした。
(時差マイナス7時間で、現地時間夜の11時)
疲れました・・・。

今回のハンガリー公演は、
EUフェスティバルの一つで、
毎年、ヨーロッパの中で、国をかえて催しています。
今年はハンガリーが主催の年で、その一環として、
「ペーチ国際人形劇フェスティバル」に、
「文楽ワークショップ+デモンストレーション」という形で、
出演させていただきました。

以前、日本で文楽の公演を観られた主催者の一人が、
「是非ハンガリーで!」
という事で、今回、実現したのですが、
ハンガリー・ペーチで、
文楽を実演してもらうのが夢だったらしく、
その夢が叶って、
大変喜こばれていました。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/09/03 13:41] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |