FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


大阪公演、間も無く始まります。
間も無く始まります大阪公演ですが、
人形部は、
3人も休演が出て大変です。

玉也さん、簑一郎君、勘市君の
3人が休演で、
玉也さんの代役は玉志さん、
簑一郎君の代役は、
私が務める事になりました。

簑一郎君の代わりに遣う天野四郎は、
今年の二月に
土屋軍内を本役で遣っているので
だいたい居所は分かっていますが、
物忘れが激しいものですから、
一から洗い直しです。
初日に上手く行けば良いのですが・・・。

廻しの久八:初めて、自前のかしらを使います。
↑初めて、自前のかしらを使います。

本役の廻しの久八は、
平成20年の9月以来です。
初めて、自前のかしらを使いますので、
皆さんも楽しみにしていて下さい。
大阪錦秋公演を、宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/28 22:56] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
今から仙台に向かうところです。
秋の地方公演も、
あと二公演を残すのみとなりました。
解説と地元ネタが
評判が良いという事で、
気持良く東北に向かわせていただきます。

10分という短い間に、
皆さんの興味を惹き付けるという意味では、
合格ですね!

僕としては、どちらかというと
遣っている役を誉めて頂けるともっと嬉しいのですが。
けなしてもらっても結構です。
こちらもご意見下さい。
お待ちしています。

今回の解説は、
そんなに地元ネタは入れていないんですよ。
愛知県だったら、
中日ドラゴンズ優勝ネタと、
少しです。

あとは分かり易く
芝居の話を皆さんに伝えられればと、
思っています。
10分しかないですしね!
ただ「初めての方が居る!」という事は心掛けています。
日にちがあいて明日から仙台なんで、
スラスラと言葉が出て来るか心配です。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/15 15:05] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
定九郎についてもう一言。
定九郎についてもう一言。
仲蔵がどう演じたかは知りませんが、
白塗りにしたことで遣い方を変えなくてはいけません。
下手の出で破れた藍色傘(人によっては柿渋の茶色傘、
または、ござで顔を隠して登場です)の登場です。

僕が遣った時に小道具さんに傘を藍色傘にしてもらい、
破ってもらいました。
この時に大見得をきります。
白塗りにすることで、
スキッとかっこ良く大見得をきります。

全体にスッキリ遣う事が大事ですが、
狂気に満ちた変質者的に
僕は遣っていました。
赤面だと大きくダイナミックに遣う事を心掛けますが、
白塗りにする事で遣い方がだいぶ変わって来ます。
歌舞伎でもセリフは
「五十両」
しかありませんが、
この役は御曹司が演じる良い役です。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/14 15:27] | 日々精進 | トラックバック(0) | page top
文楽の定九郎は、何故、顔が白いのか?
巡業の弥五郎、とってもよかったです!
その「仮名手本忠臣蔵」で教えていただきたいことがあります。
斧定九郎って、すごく極悪人のように思えるのですが、
そういう人って首の色が赤っぽいことが多いですよね?
どうしてこの人は色白なんですか?


ご質問ありがとうございます。
文楽の定九郎は何故顔が白いのか?
これは歌舞伎からの逆輸入です。

元々はどてらの衣装で、
首も小団七の赤面だったと思います。
役柄は斧九太夫の息子で、
嫌われ者の九太夫にも勘当されたぐらいの悪い奴です。
歌舞伎の中村仲蔵がこの役を貰い、
あまりにも悪い役だったので、
色々考えた末に今の様なスタイルを考えたそうです。

歌舞伎は無言劇で、
最後に「五十両!」と言うだけですが、
文楽は、
原本のまま上演しなくてはいけないという制約があるので、
言葉は多いです。
入れ語をすることが文楽ではたまにありますが、
文七の首、五十日のかづら、羽二重の衣装、
入れ語をするのは雰囲気に合わないので、
僕は好きではありません。
僕が東京で二年前に遣った時は、
入れ語がなかったので、
気持ち良く遣わせていただきました。
また遣ってみたい役ですね。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/10 17:47] | 日々精進 | トラックバック(0) | page top
秋の巡業、出突っ張りで頑張らさせていただいています。
今回の秋の巡業も、
名古屋公演、千葉公演と、
早くも、日程の半ばを過ぎました。
昼の部では、
お話、定九郎の左、千崎弥五郎、大名の役と、
出突っ張りで、
頑張らさせていただいています。

さて、以前、企業秘密とお答えした
東京公演での吹玉屋の仕掛け、
目黒の公演で、勘十郎兄さんがタネをばらすということは、
実は事前に聞いていました。
目黒にお越しの方は、
「なんだこんな事だったの!」
と感じたと思いますが、
しょせんタネというものはこんなものです。

目黒で使われた人形は、
僕が作ったものを、
勘十郎兄さんにお貸ししたものなんですよ。
目黒にお越しになられた方だけが知り得たタネなんで、
良かったですね。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/08 20:56] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
ハンガリー公演アルバム・その4
人形の首(かしら)の説明
↑人形の首(かしら)の説明は、もちろん日本語です。

舞台はあまり広くありません
↑舞台があまり広くありませんが、お客さんはいっぱいです。

お客さんの反応がびんびん
↑お客さんの反応がびんびん感じられます。

公演後に、ホテルのテラスで、文楽メンバー打ち上げ。
あっという間に夜中の1時30分。
多数の部屋がテラスに隣接してるため、
宿泊者の一人が、突然の怒鳴り込み!
ということで、すぐさま、お開きに。
一応フロントには了解を得ていましたが、
ほんとに、すいませんでした。

朝の7時にホテルを後にして、
いざブタペスト空港に!
飛行機に乗り込みハンガリーを出発。
ヘルシンキ経由関空へ。
そして、29日朝の8時50分に無事関空に到着。

ぶじ帰国しました
↑約1名を除いて、笑顔が素敵でしょ?

荷物が全部出て来るか心配でしたが、
無事ありました!
ここでメンバー解散。

玉勢君、玉翔君、玉誉君、
他の協力してもらったみなさん、
ほんとうに、有難うございました。
小さな公演は、
サポート体制が不充分で不安が一杯ですが、
楽しかったです。
また機会があったら、是非、行かせてもらいます。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/10/04 13:22] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |