FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


無事に、大阪の公演も終わりました。
みな様、有難うございました。
間も無く12月公演ですが、
「本朝廿四孝」の「桔梗原の段」の、
越名弾正での出演です。
長い鑓を振り回して暴れる
荒事物ですので、
お楽しみに!

ところで、先日、

「幸助さん、
人形はリラックスされて遣っていらっしゃるのに、
以前はとても緊張したお顔をされていましたが、
今年くらいからでしょうか、
緊張が和らいでとてもいいお顔になりました。
元がイケメンなんですから、
舞台でもそのままで勤めてくださいね」

というメールをいただきましたが、
顔がこわばるというのは、わたしのクセで、
なかなか直らず苦労しているとこであります。
顔で演技してしまうんですね。
今 そこを直そうと、
努力しています。
少しは良くなって来たようなんで、
もっと改善出来るように頑張って行きます。
有難うございました。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/25 21:26] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
色々とご質問いただいていますのでお答えします。
「清三郎さんは改名とのことらしいですが、
二世文昇の襲名ではないのでしょうか。
改名と襲名の違いはなんですか」

襲名と改名の違いは、
自分の師匠の名前や昔からある大きな名前を受け継ぐ事は襲名、
名前を訳あってかえる事は改名です。

今回の清三郎さんは、
今師事している文雀師匠のすすめで
襲名する事になりました。
私の二年先輩で、
襲名される事は本当におめでたい事で、
これから益々華開くことでしょう。
おめでとうございます。

「難しい熊谷の左も遣っていらっしゃいますが、
あのような大きな人形は、
幸助さんのように長身の方が遣われると、
リーチが長いので、
左手がグッと大きく伸びて、
一層見栄えがして、
とても立派な熊谷に仕上がっています」

長身の為、
大きな重たい人形の左を
遣わせてもらうことが多いのですが、
確かにリーチが長いので、
手が延びて大きく見えるので、
得をしてますね。
でも本当は
今まで修業して来た技術なんですよ。
身長が普通にあれば遣えます。
私は先輩のそういうところを見て、
修業してきましたから!

「伊達娘恋緋鹿子の
『日の見櫓の段』では雪が降りますが、
初日はすごい雪の量で、
前の方の席にいた私など頭まで雪が積もる感じでしたが、
日を追うごとに雪の量が減少しているように思えます。
きっと雪が使いまわしなので、
だんだん量が減るのかとも思いますが、
このままでは千秋楽には雪不足になりそうで..。
千秋楽には初日のような大雪で締めてほしいですね」

お七の雪が
初日から比べて減ってるのは
知りませんでした。
バンバン降らせたら良いのにね~。
私も千穐楽を期待してます!

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/17 14:22] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
今回は良いとこ取りの左ばかり行かせてもらっています
この公演も
あと一週間を切りました。
長丁場の公演、
今回は体力を消耗する左が多いので、
体調には気が抜けません。

今回一番しんどいのは、
組討の熊谷の左です。
体力的ですけど、
鎧人形なので
主遣いだけでは到底持てない人形を、
いかに軽くして
遣い易くするかなんですが、
普段は左手で人形の重さを受けていて、
この段では右手で受けたりもします。

刀や首を人形の左手で持って
立ち見得をするので、
ちゃんと右手でも
人形の重さを受けないといけないという事です。
毎日何かしら失敗はしていますが・・・
他にも色々あり
難しい左でありました。

組討の熊谷、
熊谷陣屋の弥陀六は、
つかみ手という手で、
指の関節が全て動きます。
熊谷陣屋の物語での熊谷は、
たこつかみといって、
指の関節プラス手首の動きがプラスされます。

ここの左は
体力的にはそんなにしんどくありませんが、
気も遣うし
メインの場なので、
特に難しいです。

全ての関節が動くので、
指の力が相当いります。
やっと最近動くようになって来ました。

今回は
良いとこ取りの左ばかり
行かせてもらっているので、
しんどいのはしんどいですが、
楽しく遣わせてもらっています。
後半も応援のほう
よろしくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/16 08:06] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
「検非違使」の首(かしら)デビューしました
廻しの久八でデビュー
↑錦秋公演「近頃河原の逹引」の廻しの久八でデビューです。

全身です
↑全身です

無理を言って持っていただきました
↑無理を言って、持っていただきました。

幸助さんも久八もきりっと
↑幸助さんも久八もきりっと!

すずめ

*写真をWクリックすると大きくなります

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/10 15:44] | すずめがちゅんちゅん | トラックバック(0) | page top
正月の配役が出ました
正月の配役が出ましたので、お知らせします。
私は昼の部で、
「三番叟」と
「染模様妹背門松」の倅多三郎(清五郎君と中日交替)で、
出演いたします。

【昼の部】
「寿式三番叟」
翁・和生
千歳・勘彌
三番叟・玉志、幸助
「傾城反魂香」
浮世又平・玉女
女房おとく・簑助
土佐将監・文司
将監奥方・亀次
狩野雅楽之介・清三郎改め文昇
門弟修理之介・玉佳
「染模様妹背門松」
番頭善六・勘十郎
娘お染・清十郎
山家屋清兵衛・玉也
親太郎兵衛・玉輝
大阪屋源右衛門・勘緑
母おかつ・勘壽
丁稚久松・簑二郎、勘彌 (交替)
倅多三郎・幸助、清五郎 (交替)


【夜の部】
「鶊<ひばり>山姫捨松」
中将姫・文雀
父豊成卿・勘壽
岩根御前・玉也
桐の谷・簑二郎
浮舟・清五郎

「傾城恋飛脚」
親孫右衛門・玉女
遊女梅川・紋壽
亀屋忠兵衛・和生
忠三女房・一輔

「小鍛冶」
老翁実は稲荷明神・勘十郎
三条小鍛冶宗近・清十郎
勅使橘道成・玉志、清三郎改め文昇 (交替)
以上です。

吉田幸助

← ひとぽち m(_ _)m → 人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/06 14:16] | 日々文楽 | トラックバック(1) | page top
気持ち良く見て頂ける様にさらにさらに頑張ります!
「錦秋公演の幕が開いて5日目となりました。
今回、急な代役で
天野四郎を遣っていらっしゃいますが、
初日から代役とは思えない
堂々たる遣い振りには感心いたしました。
久八の首、なんと立派なことでしょう。
検非違使でしょうか?
他の人形の首を圧倒していました。
今回、3人も休演とあって、
人形遣いさんは大変でしょうが、
昼夜とも退屈することなく
楽しく拝見しています。
どうぞ千秋楽まで頑張ってください」

私を気持ち良くさせていただける
お言葉、
有難うございました(笑)。
気持ち良く千穐楽まで、
頑張らさせていただきます。

廻しの久八の首(かしら)、
私も、検非違使の中でも
良い首だと思っていますので、
誉めて頂き、
有難うございました。

今回、3人も
人形部の方が休演しているので、
みんな手分けして頑張っております。

今回の昼の部は、
「花菱屋」で玉勢君の足と役だけですが、
夜の部は、
「組討の段」の熊谷の左、
「熊谷陣屋の物語」の熊谷の左、弥陀六の左、
「八百屋の段」の吉三郎の左を遣っていますが、
あと休演の代役の左として、
「熊谷桜の段」の梶原平次景高の左を、
遣っています。

毎日、満足出来る日がないのですが、
中日までには、
皆さんに気持ち良く見て頂ける様に
頑張ります?
本当に、有難うございました。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2010/11/05 18:30] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |