FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


そうなんです、こけるんです。(ご質問にお答えします)
幸助さんでもこけるんですね(笑)、
逆櫓、しっかり見ます。
素朴な疑問なんですが、
黒衣の方が被っている頭巾、
顔は透けて見えないので、
それなりの厚みがあると思うんですが、
ちゃんと見えるもんなんですか?
それと息苦しい、
暑苦しいってことはないんですか?
変な質問ですみません。

コメント有難うございます。
そうなんですよね。
松に登って遠見をする前だったんですが、
人形しか見ていないので、
舞台船底から二重に上がるときに
上げた足が上がってなかったようで、
老いを感じる今日この頃です(笑)

頭巾は荒目の麻で出来ていて、
お坊さんの来ている黒の法衣と同じ生地です。
かなり強力なのりが付いてるので、
生地はパリパリです。
中には顔に付かないように防具をしています。
明るい舞台は全部見えます。

でも暗い舞台では失敗談も。
杉本文楽で九平次を遣ってましたが、
下手に入る際に暗すぎて入口が分からず、
下手にも床の大夫、三味線連中の台が舞台にあり、
見事激突で(少しですが)
右に旋回して下手入口に入り直しました。
頭巾を被ってなかったら起こり得なかった事ですが、
顔を出してたら、
顔は真っ赤で汗タラタラだったと思います(笑)

普段の芝居では客席は見えませんが
(見えても1列目ぐらいです)、
舞台はバッチリです!

いい忘れましたが、
息苦しさ、暑苦しさ、両方あります。
息苦しさは少しですが、
暑苦しさが結構あります。
運動量が多く
汗を多量に出す時は、
より一層熱がこもり暑くなります。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/20 21:27] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
初春公演の手伝い
初春は幕開けから
三番叟で出演させていただき、また
住大夫師匠の復帰で、住大夫師匠も翁で
舞台をご一緒させていただくのは嬉しく、
前回国立劇場開場45周年以来です。

住大夫師匠は
2月は残念ながら休演しますが、
それだけにこちらも力が入ります。

良い舞台になるように、
皆さんも陰ながら
応援宜しくお願いします。

他に左遣いとしての手伝い(てったい)は・・・、
文楽では、
「てったい何行ってんの?」とか
「今度のてったい、めっちゃしんどいわ~!」
とか言って使います。

勘十郎兄さんのいがみの権太の
二度目の暖簾の出からと、
玉女兄さんの逆櫓の樋口次郎兼光の左をいきます。

権太では
私の個人的な持ち物の、
災害時の時に助けを求める笛を吹きます。

また樋口では、
前回松に登る時につまづいて
バターン!とこけてしまい、
玉女兄さんには大迷惑をかけてしまったので、
リベンジです。

舞台の二重に上がるとき、
上げたつもりの足が上がってなかったようで・・・
恥ずかしかったな~(笑)

それでは
初春3日から公演していますので、
皆さんお待ちしています。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/16 12:50] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
2月東京公演の配役が出ました。
2月は三部制です。
私は「摂州合邦辻」の
奴入平役で出演します。


□2月東京公演配役

2月9日(土)~25日(月)

【第一部】11時開演
「摂州合邦辻」万代池の段・合邦庵室の段
玉手御前・和生
親合邦・玉也
俊徳丸・玉佳(前半)、勘市(後半)
浅香姫・一輔
奴入平・幸助


【第二部】2時30分開演
「小鍛冶」
老翁実は稲荷明神・清十郎
三条小鍛冶宗近・文昇
勅使橘道成・清五郎

夕霧伊左衛門「曲輪文章」吉田屋の段
藤屋伊左衛門・玉女
扇屋夕霧・勘十郎
吉田屋喜左衛門・勘壽
女房おきさ・簑二郎他

「関取千両幟」猪名川内より相撲場の段
猪名川・玉也
女房おとわ・簑助
鉄ヶ嶽・文司


【第三部】6時開演
「妹背山婦女庭訓」道行恋苧環・鱶七上使の段・姫戻りの段・金殿の段
お三輪・紋壽
漁師鱶七実は金輪五郎・玉女
求馬実は藤原淡海・和生
橘姫・勘彌
蘇我入鹿・玉輝


それでは皆さん、
2月もお待ちしていますので、
宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/13 12:01] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
博多座は艷容女舞衣の茜屋半七で出演です。
師走の12月東京公演を、
みなさん楽しんで
ご覧になったでしょうか。

今月は教室公演に
靭猿の猿曳で出演で、
貸し切り日も多く、
一般公演にお越しになられた皆さんには
ご覧頂けなく残念です。

とても楽しい役で、
芝居あり、踊りもありで、
元気はつらつ(?)で遣っています。
舞踊物は覚えるまでが大変ですが、
覚えたら芝居と同じです。
これからご観劇予定の方、
楽しみにお待ち下さいね。

東京公演後は、
博多座、
1月公演の為の年末稽古と続きます。

博多座は
「艷容女舞衣」の茜屋半七で出演です。
酒屋の段の最後に
少ししか出て来ませんが、
楽しみにご覧下さい。
左遣いとしては、
勘十郎兄さんの武智十次郎の鎧になってからの左、
玉志さんの岩永左衛門の左等に出ています。
博多座公演も宜しくお願いします。

東京も中日を過ぎましたが、
間も無く
2月東京公演の配役が出ます。
絶対見てや!
というような華やかな出し物ばかりですが、
私もどのような役になるか、
一喜一憂して、
配役を待っています。
皆さんもお楽しみに!

それでは2月公演の配役が、
あと少しで出ます。
待ってて下さいね。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/11 18:50] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
東京2月は三部制です
一部
「摂州合邦辻」万代池より合邦庵室
二部
「小鍛冶」
「曲輪文章」吉田屋
「関取千両幟」猪名川内より相撲場
三部
「妹背山婦女庭訓」
道行、鱶七上使、姫戻り、金殿

以上です。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/07 11:54] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
住大夫師匠と舞台をご一緒出来るというのは嬉しい事です。
11月公演の
仮名手本忠臣蔵も無事に終わりました。
皆さん有難うございました。

若狭助は松切りが楽しく、
勘十郎兄さんとの芸のぶつかりあいで、
緊張感を持って努める事ができました。
次回の忠臣蔵はどの役か?
楽しみに待っています。

12月東京は「学生教室公演」で、
靭猿の猿曳きで出演です。
楽しんで遣わせていただきます。

左は学生教室公演で、
玉誉君の宰領の左、
玉輝さんの弥三衛門の奥の左、
本公演は玉志さんの監物太郎の左
以上で出演です。

今回は楽をさせていただいています。
楽しんで
12月公演もご覧下さい。

来年初春公演は、
幕開けの三番叟で出演です。
住大夫師匠の翁で復帰される時に、
舞台をご一緒出来るというのは
嬉しい事です。

去年の初春公演、
東京開場45周年、
そして来年初春と、
三回連続、
三番叟を勤めさせていただきます。

初めての時は無我夢中、
開場記念は簑助師匠の翁に、
勘十郎兄さんの千歳での三番叟で、
緊張しっぱなし、
来年初春は
住大夫師匠の復帰公演でご一緒させてもらうという事で、
どうなりますか?
精一杯勤めさせていただきますので、
応援宜しくお願いします。

私達文楽を
勝手に応援しちゃおうというサイトが出来るようです。
フェイスブックでご覧頂けるようです。

ラブンラク“http://www.facebook.com/labunraku

私も応援しているので、こちらも皆さん見て下さいね。

東成区文化センターで12月1日に、
勘十郎兄さんのお半、
私の長右衛門で
桂川の道行をして来ました。
裃で出演しましたが、
あまり派手な舞台でもないのに
昔から裃を着けます。
何故なのか。
私も不思議です・・・?

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2012/12/04 10:23] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |