FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


5月東京公演の配役が出ました
□5月東京公演
公益財団法人文楽協会創立50周年記念・竹本義太夫300回忌
公演日:5月11日(土)~27日(月)
入場料:1等6500円/2等5200円/3等1500円


【昼の部】11時開演
「一谷嫩軍記」熊谷桜の段/熊谷陣屋の段
〔配役〕
熊谷次郎直実・玉女
妻相模・紋壽
石屋弥陀六実は弥平兵衛宗清・玉也
藤の局・和生
源義経・清十郎


近松門左衛門生誕360年記念演目
「曾根崎心中」生玉社前の段/天満屋の段/天神森の段
〔配役〕
手代徳兵衛・勘十郎
天満屋お初・簑助(天満屋、天神森)、一輔(生玉社前)
油屋九平次・玉志



【夜の部】4時開演
「寿式三番叟」
〔配役〕
翁・和生
三番叟・文昇
三番叟・幸助
千歳・勘彌

近松門左衛門生誕360年記念演目
「心中天網島」北新地河庄の段/天満紙屋内の段/大和屋の段/道行名残りの橋づくし
〔配役〕
紙屋治兵衛・玉女
紀の国屋小春・勘十郎
粉屋孫右衛門・文司
女房おさん・文雀
舅五左衛門・玉輝
江戸屋太兵衛・勘壽
五貫屋善六・簑二郎


5月公演は
住大夫師匠も久し振りに復帰され、
皆さんも楽しみだと思います。
私も三番叟の役で出演しますので、
是非お越しをお待ちしています。

応援メールも、
皆さん有難うございます。
これからもお待ちしていますので、
どんどんメールを下さいね。
お待ちしています!

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/02/25 11:29] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
お知らせがあります。
段々と
2月公演も
千穐楽に近付いて来ました。

まだ
5月配役はまだですが、
どの様な役を頂けるか楽しみです。

学校の通信簿みたいなもので、
ソワソワ、ドキドキ
良くも悪くも楽しみなものです。

お知らせですが、
私も良くしていただいている
写真家の渡邉肇さんが、
2月25日~3月9日に
表参道ギャラリー5610で、
「人間・人形映写展」
を催されるそうです。

文楽を
素晴らしく撮られた物ばかりだと思いますので、
皆さんお時間がありましたら
行ってみる価値ありです!
宜しくお願いします。

またこちらも良くしていただいている
田牧大和さんが、
講談社より
2月21日発売・お江戸文楽ミステリー「とうざい」
を出版されました。
今から私も読むところですが、
見出しはなんか面白そうですよ。
私も楽しみなんですが、
皆さんも是非ご一読下さい!

それでは。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/02/23 19:26] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
出遣いをして顔を出しています
2月も中日を過ぎ、
終盤戦になりました。
今月は摂州合邦辻の奴入平役と、
清十郎さんの遣う稲荷明神の左で
出遣いをして顔を出していますが、
男の人形で
左遣いや足遣いが出遣いするのは、
今回の稲荷明神、
勧進帳の弁慶ぐらいです。

何故顔を出すのか?
はっきりした答えは分かりませんが、
華やかな舞踊劇や、
舞台効果で見映えのする時、
演者からすると、
難易度の高い技術力の要る手伝いの時だと
思ってます。

勧進帳の弁慶などは、
足遣いの最高峰が遣い、
足の卒業試験とも言われています。

間も無く
5月の配役が出ますが、
公演前の8日に
赤坂区民ホールで
私達がメインの、
赤坂花形文楽、
10日は
義太夫追善勧進公演(大阪は4月5日)がありますので、
お楽しみにしていて下さい。

また私ごとですが、
6月8日に
掛川のヤマハのつまごいフェスタで
初音ミクのボーカロイド大会が世界で初めて催されます。
夜遅くですが私も出演する予定です。
もしよければ
こちらの世界でもお待ちしています(笑)

そして8月中旬に渋谷パルコで、
三谷文楽の再演が決定しました。
こちらもお楽しみに!
それでは2月もあと少し。
後半戦も頑張ります!

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/02/20 16:48] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
前回のご質問&疑問にお答えします
お知らせ&疑問メール、有難うございます。

文楽応援団の方よりメールがあり、
応援団には黒衣、頭巾、頭巾下の防具の面(めん)もあり、
大阪公演中であれば、
一階ロビーに展示室があり、
そこに応援団の
どなたかが(団長がよいようです)いらっしゃるようなので、
お声掛けしていただければ
着る事が可能で、
人形遣いになれるそうです。

また
「赤坂花形文楽」に来て下さる方から
再度の疑問がうまれたようです。
主遣いの右手の手袋についてです。
なぜ人により、
白い手袋、
黒い手袋、
指先が出てる
または素手の方がいるのか?

先ず、
人形の手は
人間の手より小さいので、
白い手袋をすると
人形の手と同化してしまい
人形の手が際立たず、
手が肥大して見えます。
なので
黒い手袋をするのが基本です。

指だけを出す方や
素手で遣う方は、
手袋をする事で
素手より感覚が鈍くなり、
物を扱うのが不便になります。
その時に指先を出すと
小道具を扱いやすくなるのが利点です。

人により出遣いをする時は
絶対白い手袋をされる方がいますが、
私は反対です。
私は黒い手袋をする事が多いですが、
役柄によって変えます。

例えば
白い衣裳に白い手または
白い手に白っぽい小道具を扱う時等は、
かえって黒い手袋が目立つ為、
白い手袋を選択します。
でも個人の考えなので、
各々遣う方が考えます。

ポイントは、
人形遣いの手が
人形の邪魔にならなければ良く、
お客さんに違和感なく
ご覧いただくのがベストです!

今、4月の
貝田勘解由役で、
白黒のどちらの手袋にしようか
悩んでいます。
白黒はっきりしろー!
という声が、聞こえてきそうです(笑)
有難うございました。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/02/15 15:28] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
奴入平を、感慨深く遣っています。
無事に初日が明け、
公演が着々と進んでいます。
公演前には丸の内カフェで、
解説、実演、お話等をさせていただきましたが、
文楽を見始めたばかりの方が結構いらして、
少しは文楽の為に
宣伝という意味で貢献出来たかと思います。

今回は
丸の内カフェにお越しになれなかった方からメールですが、
是非に5月8日の
「赤坂花形文楽」に行きたいという、
有り難いメールを頂きました。

3月7日から一般発売ですが、
公演中はロビーにもチラシを置かせていただいています。
主催は「(株)わいず」です。

この公演の概要は、以下のようになっています。

公演日時:5月8日(水)の18時より
公演会場:赤坂コミュニティーぷらざ内・赤坂区民センター(区民ホール)
料金:4500円

お問い合わせ、並びにお申し込み先:
〒107‐0052
東京都港区赤坂4‐18‐13赤坂コミュニティーぷらざ内
フリーダイヤル:0120-240-540
港区在住、在学、在勤、倶楽部kissポート会員の予約は、
03-5413-7021
※詳しくはロビーに置いてるチラシをご覧下さい。

今月は
摂州合邦辻の
奴入平役で出演中ですが、
父の玉幸も良く遣っていた役で、
感慨深く遣っています。
僕も本公演以外では、
意外にも(オヤジギャグ笑)遣ってます。

3月は
丁稚長吉役で地方をまわりますが、
六角堂は初めて遣うので不安だらけです。
楽しい役なんで、
余裕をもって遣えれば良いのですが・・・

4月は貝田勘解由役です。
歌舞伎でも座がしら役で、
5分も出演が無いのですが、
まして言葉は一言もありません。
大笑いはありますが、
遣い手の演技力にかかった場だと思います。
今回は宙乗りはしませんが、
セリを使って
皆さんに喜んでいただこうかと思っています。

国立文楽劇場の制作の方にも
僕の構想は伝えているので、
仕上がりが楽しみです。
良い舞台をご覧いただけたら良いのですが!
それでは2月公演宜しくお願いします。

尚、5月公演は2部制で、
11日(土)~27日(月)です。
演目は
昼の部
「一谷嫩軍記」「曽根崎心中」
夜の部
「寿式三番叟」「心中天網島」

お楽しみに!!

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/02/11 10:33] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |