FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


夏休み公演の配役が出ました
こんにちは。
夏休み公演の配役が出ましたので、
お知らせします。

私は
「金太郎の大ぐも退治」の
金太郎役で出演します。


□夏休み特別公演

7月20日(土)~8月5日(月)
※演目の入替はありません。
※7月26日(金)、8月3日(土)の第一部は貸切

【第1部・親子劇場】11時開演
「金太郎の大ぐも退治」
金太郎・幸助
大ぐも実は鬼童丸・玉佳
源頼光・紋臣


「ぶんらくってなあに」
ご案内役・簑紫郎(前半)、文哉(後半)

「瓜子姫とあまんじゃく」
あまんじゃく・簑二郎
瓜子姫・一輔
じっさ・簑一郎
ばっさ・亀次
山父・紋秀



【第2部・名作劇場】2時開演
「妹背山婦女庭訓」
井戸替の段・杉酒屋の段・道行恋苧環・鱶七上使の段・姫戻りの段・金殿の段
娘お三輪・勘十郎
鱶七実は金輪五郎・玉也
求馬実は藤原淡海・和生
橘姫・清十郎
蘇我入鹿・玉輝
豆腐御用・勘壽
家主茂次兵衛・簑二郎
丁稚子太郎・清五郎



【第3部・サマーレイトショー】6時30分開演
「夏祭浪花鑑」住吉鳥居前の段・釣船三婦内の段・長町裏の段
団七九郎兵衛・玉女
三河屋義平次・和生
徳兵衛女房お辰・簑助
釣船三婦・紋壽
一寸徳兵衛・文司
団七女房お梶・文雀



夏も是非、
文楽に!
お越しをお待ちしています。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/04/29 11:10] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
4月公演のあとは
この4月は
出演時間5、6分で、
みなさまには下手の方ぐらいしか
顔も見えず残念でしたが、
袴は見えたと思うので良しとします。

僕としては
出演時間は短かったですが、
充実した公演となりました。

16日は、
記録録画テストの日でしたが、
機械トラブルでセリが上がらず
どないしようかと思いましたが、
初めての試みで飛行機の787も
バッテリーでの初期トラブルで
運航中止になっています。

私達の方は
問題点が分かったので、
改良して今まで通り、
セリ上がりで登場させてもらっています。
飛行機トラブルと一緒にするな!
と聞こえてきそうですが、
機械物は怖いですね。

また遣う機会があれば
もっと洗練して
遣いたいと思います。

公演後は
5月1日に、
第1回中日劇場の宣伝?
で名古屋に行き、
11時30分~12時まで
NHKの「さらさらサラダ」に
生放送出演(NHK名古屋の為東海地方の放送だと思います)。
13時30分、
「触れてみよう文楽in上村松園展」(市立美術館・サンクスガーデン)で解説。
14時15分、
中日劇場公演の記者会見。
16時、
「触れてみよう文楽in中日ビル」1階で解説。

以上を名古屋で催します。
お近くの方は見に来て下さいね。
それではお知らせでした。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/04/23 21:10] | 日々吉田玉助 | トラックバック(0) | page top
今月は、貝田勘解由!
「伝家の宝刀?」を差しています。

1261-130417.jpg

1256-130417.jpg

005-130417.jpg

002-130417.jpg

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/04/21 17:07] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
6月若手会配役
若手会の配役が出ました。
僕は、
野崎の久作を遣います。

今回は、残念ながら大阪の文楽劇場だけです。
6月22日土曜、23日日曜・1時開演。
一般:2000円・学生:1,400円。

配役は以下の通りです。
「二人禿」
禿・紋吉
禿・玉翔

「絵本太功記」
光秀・玉佳
妻操・一輔
十次郎・玉勢
嫁初菊・紋秀
久吉・文哉


「新版歌祭文」
親久作・幸助
娘おみつ・紋臣
娘お染・簑紫郎
久松・勘市


こんな感じですが、宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/04/19 21:00] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
貝田勘解由(かいだかげゆう)で出演です。
大阪での
竹本義太夫追善勧進公演も
4月5日(金)に終り、
満席の中お客さんには
大いに喜んで頂けたかと思います。

東京も
5月10日(金)にあり、
配役は当日のお楽しみで。

そして6日(土)からは
大阪公演の初日を迎え、
幕が開きました。

今回は
伽羅先代萩の床下の段で、
貝田勘解由(かいだかげゆう)で出演です。

この芝居は
歌舞伎からの逆輸入物で、
貝田勘解由は、歌舞伎では、
にっきだんじょう(漢字忘れました笑)で、
言わずと知れた座がしらの役です。
私の様な若輩者が遣う役ではないのですが、
座がしら級の方達が
他の役にまわったので、
たまたままわって来た感じかも知れません。

試行錯誤をしながら
まだ演出等迷っていて、
勘十郎兄さんや、
簑二郎さんに、
「なんかいいアイディアないですか~?」
なんて聞きながら
良い物があったらパクってます(笑)

だいたい
イメージに近く出来ているので、
もっと磨いていければと思ってます。

他に左遣い等の出演は、
昼の部は野崎村の
玉志さんの小助の左、
玉也さんの釣女の太郎冠者の左、
夜の部は
玉輝さんの心中天網島の舅五左衛門の左
以上の出演です。

それでは今月も
文楽公演と、
吉田幸助を、宜しくお願いします。

吉田幸助


ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ
[2013/04/07 09:13] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |