FC2ブログ

 *当ブログの記事・写真の無断転載を禁じます。 写真提供:吉田玉助


若手会、楽しんでいただけましたか?(楽しんで見るのが一番です!)
教室公演に引き続き
直ぐに
若手会が公演されました。
教室公演の役どころ、
真柴久吉、武智十次郎の綺麗どころから、
若手会は打って変わってのお爺さん、
親久作です。

勉強らしい勉強はしなかったですが、
若い頃から
何度も何度も、
玉男師匠の久作を見て、
頭に入ってるので、
自分なりのものはまだまだですが、
玉男師匠の真似事をさせていただきました。
玉男師匠のように遣って!
なんて到底思ってないですが、
この役も何度か遣えば、
自分なりのものが出せるような気がしてます。

お爺さんは
成人男性の役と
人形の構え方が違います。
遣い方も違いますが、
成人男性は背筋を伸ばしキリリと構えます。
基本、足遣いは主遣いの腰の位置に右腕を当てて、
人形の足の座った姿勢を保ちます。

人形の足の位置は変わらないので、
お爺さんを遣う場合は
主遣いの左腕を下げて手を突き出して構えます。
そうする事によって
年寄りらしさが出ます。
特にこの久作、白太夫なんかもそうです。
結構重要なポイントなんですよ。

背の高い私としては
結構辛いものがありましたが、
今後の糧になると思います。

皆さん有難うございました。

夏休み公演まで少しありますが、
その間細々と公演があるので、
皆さんとは
お会いする事があるかも知れません。
その時は宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/25 14:50] | 日々精進 | トラックバック(0) | page top
「尼ヶ崎の段」役の事で。
今回、
真柴久吉と
武智十次郎を
遣わせていただきましたが、
両方品格が要ります。

久吉は、
光秀との対比を明確にする為に、
品格を重視します。

また、
武智十次郎は
気品と
若武者らしく切れの良さを
出して行きます。
前半の部分は
気品を主に出し、
後半部分は
切れの良さを出します。

若手勉強会の十色会発足間もない頃に、
この十次郎を遣わせていただきましたが、
その頃は型に追われていました。
今は、
型は出来て当たり前の年功になり、
感情面を鮮明に出す事を
心掛けています。

若いうちは、
物語が終わったらホッとして
「もう目が見えぬ~」辺りになると、
おろそかになりがちなんです。
熊谷の
「十六年も一昔、夢であったな~」も然り、
最後の言葉の為に芝居をしている、
これが若い時分は
分からないものなんです。

若いうちは型が出来てたら、
「よう遣っとる!」となるわけですが、
型から芝居の感情面(演技力)に移行して行く過程が、
その人の何回目かの
分岐点になると思います。

型を、
若いうちから体に叩き込んでおくと、
後が楽なんです。

これから私もどうなるか分かりませんが、
すえ長くお付き合い下さい。
応援、宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/20 10:06] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
若手会、お待ちしています!
学生教室公演も
4班に分かれ公演して来ました。
私も
前半の午後の部に
真柴久吉、
後半の午後の部に
武智十次郎を遣わせていただきました。

十次郎などは
だいぶ前の勉強会以来でしたが、
楽しく演技をさせていただきました。

四人四様で、四班ともご覧になった方は
コアなお客様ですが、
楽しんで頂けたと思います。

学生教室公演の後は直ぐに
若手会が始まります。
若手会は
念仏を唱えて最初に出ている百姓ツメ、
玉佳君の遣う武智光秀の左、
そして
親久作を遣います。

光秀の左は
ホントしんどく体力を使うので、
久作で出て来る頃はまだ汗が引いてなく、
真っ赤な顔で
汗を出してると思います。

恥ずかしいのですが、
一応舞台で働いているので、
あたたかく見守って下さいね(笑)

それでは若手会、お待ちしています!

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/18 09:54] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
見事な十次郎!

ANEGO13ロゴイメージ

ANEGO13シリーズ・episode10“幸助の十次郎をシュートする”


まさか、
ここまで遣えるとは!
いい人形遣いに成長しました。

誰憚る事なく
吉田幸助に
拍手したいと思います。

太功記ならば
光秀を注目したいところですが、
鑑賞教室後半の二部の
十次郎が
抜群の仕上がりとなっています。

7406-13-0617.jpg

数知れず見て来ましたが、
初めて十次郎の凛々しさ、健気さ、
哀れさに素直に感動しました。

綺麗で爽やかな若武者です。
学び取り、工夫を加えた細やかな仕草は、
手負いになってから尚更顕著となりました。

初菊と知らずに
触れては急いで身を離す
切なさ、潔さ。

未練がましいそぶりがあれば反って
厭味に写ったでしょう。
余韻を残すさまが上出来でした。

幸助を20数年見て来ましたが、
基本を怠らずにここまで立派に遣れるように
修業を積んできたのが
一気に大輪の花を咲かせたのだと思いますと
嬉しい限りです。

玉男師匠、
玉幸師匠が泉下で
きっと喜んでいらっしゃることでしょう。

ほんとに見事な十次郎でした。

70歳を過ぎた
幸助の遣う十次郎を見たい気がしましたが、
もはや私には不可能です。
枯れた色気が備わって、
今日の十次郎よりも更にいいでしょうねえ。

久しぶりに
身を乗り出して見た
十次郎にもう一度拍手を!

あねご13

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/17 22:04] | ANEGO13 | トラックバック(0) | page top
大序に疑問の方に、お答えします。
11月大阪は
9月東京に引き続き、
「伊賀越道中双六」を上演します。
なんで東京が先やねん!
と思われた方も多いと思います。

しかし東京は
11時開演、
大阪は
10時30分開演。
何故でしょうか?
そうです。
一段増えています!!!

それが大序の段にあたる
「鶴が岡の段」なんです。
本当はもう一段ありますが、
そこまでは時間的に無理なんで、
鶴が岡の段を付けています。

私の言い方が悪かったみたいです。
許して下さいね。
楽しみにお越し下さい。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/14 07:43] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
第13回「文楽若手会」のご案内をyoutubeにアップしました。



□文楽若手会

国立文楽劇場
6月22日(土)・23日(日)午後1時開演

【演目】
二人禿
絵本太功記
新版歌祭文

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/12 09:50] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
これを体験しない手はないです。
8日は公演のあと、
掛川のヤマハつま恋リゾートで、
初音ミクは文楽から来ているとの説を唱えている
アスキーの福岡俊弘さんのお招きで、
文楽を熱く語って来ました。

初音ミク等の制作に携わっている方と、
一般ファンの40名ぐらいの集いでしたが、
最後に初音ミクの楽曲
「メルト」に乗り
踊って来ました!

文楽の繊細な動きを分かって頂けたのか
大大盛り上がりで
文楽のイベントは終了!

リゾートホテルの会場でイベントをしましたが、
リゾート施設が整っていて、
仕事でなく遊びで来たいぐらいでした。

次の朝、6時20分の新幹線で、
玉勢、
玉誉と
大阪に向かい
現実に引き戻されてます(笑)。

この様子は
ニコニコ動画でも
後日アップされるようなので、お楽しみに!

前に噂話を話した
11月大阪は、
やはり大序からの伊賀越の通しを上演するそうです。

大阪では21年振り、
大序と円覚寺を含め上演するのは、
なんと約80年振りです。
これを体験しない手はないです。
是非お待ちしています!

今月も最後まで頑張りますので、応援宜しくお願いします。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/09 16:07] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
6月鑑賞教室、武智十次郎で出演します。
6月鑑賞教室が始まりました。
日高川入相花王と
絵本太功記を上演していて、
前半(7日~13日)2時からの部(10日は6時30分)は、
旅僧実は真柴久吉、
後半(14日~20日)から2時の部(19日は6時30分)では、
武智十次郎で出演します。

そのあと若手会の
親久作と続いていきますが、
先ずはこの鑑賞教室を頑張ります。

この公演は
午前の部と午後の部の
一日二回公演で、
私の出ていない午前の部では、
勘十郎兄さんの遣う
武智光秀の左を行ってます。
(後半の午前の部は、
文昇さんの武智十次郎の
物語部分の左を遣います。)

この光秀の左がホントにしんどい!
重い人形の左は久しぶりに遣ったので
稽古では、
光秀の左を遣い終わった後の
真柴久吉の人形が何倍も重く感じ、
姿勢を保てないほどでした。
自分でもびっくりするぐらいで、焦りました(笑)。

この光秀の左を遣って、
後半軽く感じる様に
きちっと腕がためをしておきます。

吉田幸助

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:吉田幸助 - ジャンル:アイドル・芸能

[2013/06/09 12:11] | 日々文楽 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |